被災建物応急危険度判定

市営住宅危険度判定

市営住宅設備資料

判定マニュアル

一般RC建物危険度判定

一般S造建物危険度判定

一般木造建物危険度判定

RC・SRC造建物判定(千葉市)

 以下のフォームに調査結果を入力し判定を行ってください。

 判定入力後「take a shot」した画像の確認は右のボタンから

                                                                                                   

【RC・SRC造建物判定 入力】

入力

整理番号

調査日

報告者所属・氏名

調査対象の区

建物所在の町番号


※建物の名称、戸建は表札も併せて入力してください

建物用途


※複合用途のものは主たる用途を選んでください

【建物】一見判定





※1~3に該当する場合は「危険判定」調査終了。建物への立入禁止!

※一見判定の判断基準はボタンをタップ

【建物1次】損傷度分類





※1(損傷度5)がある場合は「危険判定」。建物への立入禁止!

【建物1次】判定1

 


未判定

【建物2次】①隣接建物・周辺地盤





※隣接建物・周辺地盤の判断基準はボタンをタップ

【建物2次】②地盤破壊による建物沈下




【建物2次】③建物傾斜




【建物2次】柱壁の調査率

・地上階数
(対象は6階以下とする)

・建物規模
 間口m,奥行m
・調査率
※最大被害の階における調査率50%以上とする。(調査済壁長/壁周長または調査済柱数/柱総本数)

【建物2次】④損傷度5の柱壁





※調査範囲内の損傷度5の柱壁のパーセンテージを入力します。
 損傷度5の柱壁とは、鉄筋の座屈や破断、破断面にコンクリートのつぶれやずれ、及び柱の高さ方向の変形がある、または、サッシの曲り、床の沈下がある場合をいう。

【建物2次】⑤損傷度4の柱壁





※調査範囲内の損傷度4の柱壁のパーセンテージを入力します。
 損傷度4の柱壁とは、幅2㎜を超える割れが多数生じ、コンクリートの剥離も激しく、鉄筋がかなり露出している場合をいう。

【建物2次】★判定2

 


未判定

【建物3次】⑥窓枠・窓ガラス




【建物3次】⑦湿式の外装材





【建物3次】⑧乾式の外装材





【建物3次】⑨看板・機器類




【建物3次】⑩屋外階段




【建物3次】その他項目


※上記以外の判定項目がある場合に記入する。

【建物3次】⑪その他判定





【建物3次】★判定3

 


未判定

【建物総合】★★総合判定

 


未判定

住所が分からないときは、ボタンをタップして現在地の座標を取得して、メールフォームで送付できます。

                                                                                                               

【RC・SRC造建物判定 結果表示】

入力情報

判定種別

整理番号

調査日

報告者所属・氏名

調査対象の区

建物所在の町番号

調査地座標


※座標を取得したときに表示されます。

建物用途

★一見判定

損傷度分類

★1次判定

①隣接建物・周辺地盤

②地盤破壊による建物沈下

③建物傾斜

建物規模

④損傷度5の柱壁

⑤損傷度4の柱壁

★2次判定

⑥窓枠・窓ガラス

⑦湿式の外装材

⑧乾式の外装材

⑨看板・機器類

⑩屋外階段

その他項目

⑪その他判定

★3次判定

★総合判定

Mail(半角)


※メールフォームを送信する場合は必ずこちらに送信者のメールアドレスを入力してください。

被害写真の添付

写真1

写真2

写真3

※被害個所の写真を添付してください。(添付ファイル1つ3Mまで)

※このメールフォームは千葉市住宅整備課と千葉市住宅供給公社の対策本部へ同時送信されます。

 

※判定結果を画像保存したい場合は、以下の手順でスクリーンショットデータを画像保存してください。
①下の「Take a shot」ボタンをタップ
②トップ画面が表示されるので、「Take a shot表示」ボタンをタップ、または一番下までスクロールする。
③左下に「Download」と表示されている文字をタップするとスクリーンショット画像が表示される。
④表示された画像を保存する。
 iphoneの場合は、下にスクロールすると下に表示される「四角に上矢印のアイコン」をタップして表示される「画像保存のアイコン」をタップすることで保存ができます。


Image:

 ※左の「download」をタップして判定結果画像を保存してください。

MENU

※確認したいところをタップして表示します。

HOME

★RC・SRC造建物簡易判定

判定開始

判定結果表示

take a shot表示

★防災

災害時建物簡易判定マニュアル

建物危険度判定(市営住宅専用)

RC造建物危険度判定(千葉市)

鉄骨造建物危険度判定(千葉市)

木造建物危険度判定(千葉市)

市営住宅設備

災害時対応掲示板(staff only)

報告メールフォーム(staff only)

close

一見判定で「危険」

  外観調査を基にした構造躯体の被害の判定においては、原則として最も被害の著しい方向の柱と壁の被害、及び最も被害が大きい階に着目して危険度の判定を行う。

  一見して建物の危険度がCと判定できる場合は、以後の調査を行わずCと判定する。

<Cランク>:柱の損傷が大きく局部的にも崩壊の可能性が感じられる場合、床に大きな傾斜や沈下が見られる場合などがあたる。

close

判定基準

①建物の沈下について
[木造] 床と屋根の状況を合わせて検討し、小屋が破壊されたり床全体が沈下していたら「C判定」、著しい屋根や床の浮き沈みがあれば「B判定」とする。
[S造] 不同沈下について検討し1/100超の傾斜を「C判定」、1/300~1/100の傾斜を「B判定」とする。
[RC,SRC造] 建物の沈下について検討し、1.0m超の沈下を「C判定」、0.2~1.0mの沈下を「B判定」とする。

②建物傾斜について
[木造] 1/20超の傾斜を「C判定」、1/60~1/20の傾斜を「B判定」とする。
[S造] 傾斜を生じた階の上の階数が1階以下か2階以上かにより判定基準を変える。
*1階以下の場合、1/30超の傾斜を「C判定」、1/100~1/30の傾斜を「B判定」とする。
*2階以上の場合、1/50超の傾斜を「C判定」、1/200~1/50の傾斜を「B判定」とする。
[RC,SRC造] 1/30超の傾斜を「C判定」、1/60~1/30の傾斜を「B判定」とする。

③構造部材について
[木造] 基礎、壁、腐食について検討する。

close
home



©2019CJKK