被災建物応急危険度判定

市営住宅危険度判定

市営住宅設備資料

判定マニュアル

一般RC建物危険度判定

一般S造建物危険度判定

一般木造建物危険度判定

木造建物判定(千葉市)

 以下のフォームに調査結果を入力し判定を行ってください。

 判定入力後「take a shot」した画像の確認は右のボタンから

                                                                                                   

【木造建物判定 入力】

入力

整理番号

調査日

報告者所属・氏名

調査対象の区

建物所在の町番号


※建物の名称、戸建は表札も併せて入力してください

建物用途


※複合用途のものは主たる用途を選んでください

建物規模

・地上階数階(対象は3階以下とする)
・建物規模
 間口
m,奥行m

【建物】一見判定





※1~3に該当する場合は「危険判定」調査終了。建物への立入禁止!

【建物1次】①隣接建物・周辺地盤





※隣接建物・周辺地盤の判断基準はボタンをタップ

【建物1次】②構造躯体の不同沈下




【建物1次】③基礎の被害





※基礎の被害の判断基準はボタンをタップ

【建物1次】④建物の1階の傾斜




【建物1次】⑤壁の被害





※壁の被害の判断基準はボタンをタップ

【建物1次】⑥腐食・蟻害の有無





※腐食・蟻害の有無の判断基準はボタンをタップ

【建物1次】判定1

 


未判定

【建物2次】⑦瓦




【建物2次】⑧窓枠・窓ガラス




【建物2次】⑨湿式の外装材





【建物2次】⑩乾式の外装材





【建物2次】⑪看板・機器類




【建物2次】⑫屋外階段




【建物2次】その他項目


※上記以外の判定項目がある場合に記入する。

【建物2次】⑬その他項目の判定





【建物2次】★判定2

 


未判定

【建物総合】★★総合判定

 


未判定

住所が分からないときは、ボタンをタップして現在地の座標を取得して、メールフォームで送付できます。

                                                                                                                   

【木造建物判定 結果表示】

入力情報

判定種別

整理番号

調査日

報告者所属・氏名

調査対象の区

建物所在の町番号

調査地座標


※座標を取得したときに表示されます。

建物用途

建物規模


★一見判定

①隣接建物・周辺地盤

②構造躯体の不同沈下

③基礎の被害

④建物の1階の傾斜

⑤壁の被害

⑥腐食・蟻害の有無

★1次判定

⑦瓦

⑧窓枠・窓ガラス

⑨湿式の外装材

⑩乾式の外装材

⑪看板・機器類

⑫屋外階段

その他項目

⑬その他項目の判定

★2次判定

★総合判定

Mail(半角)


※メールフォームを送信する場合は必ずこちらに送信者のメールアドレスを入力してください。

被害写真の添付

写真1

写真2

写真3

※被害個所の写真を添付してください。(添付ファイル1つ3Mまで)

※このメールフォームは千葉市住宅整備課と千葉市住宅供給公社の対策本部へ同時送信されます。

 

※判定結果を画像保存したい場合は、以下の手順でスクリーンショットデータを画像保存してください。
①下の「Take a shot」ボタンをタップ
②トップ画面が表示されるので、「Take a shot表示」ボタンをタップ、または一番下までスクロールする。
③左下に「Download」と表示されている文字をタップするとスクリーンショット画像が表示される。
④表示された画像を保存する。
 iphoneの場合は、下にスクロールすると下に表示される「四角に上矢印のアイコン」をタップして表示される「画像保存のアイコン」をタップすることで保存ができます。


Image:

 ※左の「download」をタップして判定結果画像を保存してください。

MENU

※確認したいところをタップして表示します。

HOME

★木造建物簡易判定

判定開始

判定結果表示

take a shot表示

★防災

災害時建物簡易判定マニュアル

建物危険度判定(市営住宅専用)

RC造建物危険度判定(千葉市)

鉄骨造建物危険度判定(千葉市)

木造建物危険度判定(千葉市)

市営住宅設備

災害時対応掲示板(staff only)

報告メールフォーム(staff only)

close

判定基準

①建物の沈下について
[木造] 床と屋根の状況を合わせて検討し、小屋が破壊されたり床全体が沈下していたら「C判定」、著しい屋根や床の浮き沈みがあれば「B判定」とする。
[S造] 不同沈下について検討し1/100超の傾斜を「C判定」、1/300~1/100の傾斜を「B判定」とする。
[RC,SRC造] 建物の沈下について検討し、1.0m超の沈下を「C判定」、0.2~1.0mの沈下を「B判定」とする。

②建物傾斜について
[木造] 1/20超の傾斜を「C判定」、1/60~1/20の傾斜を「B判定」とする。
[S造] 傾斜を生じた階の上の階数が1階以下か2階以上かにより判定基準を変える。
*1階以下の場合、1/30超の傾斜を「C判定」、1/100~1/30の傾斜を「B判定」とする。
*2階以上の場合、1/50超の傾斜を「C判定」、1/200~1/50の傾斜を「B判定」とする。
[RC,SRC造] 1/30超の傾斜を「C判定」、1/60~1/30の傾斜を「B判定」とする。

③構造部材について
[木造] 基礎、壁、腐食について検討する。

close

基礎について

  基礎の被害状況や土台との接合状況などを総合的に観察して判定してください。
 たとえば、基礎はそれほどの被害ではないが、土台と完全にずれてしまっている場合は基礎としての機能はすでに果たせないのでC判定とする。

close

壁について

  外壁または内壁で被害の多い方で判定することとするが、外観調査のみの場合は外壁とする。

Cランク:外壁面全体にわたって大きな亀裂・剥落・破壊が見られ、建物躯体の損傷が明瞭であるもの。

Bランク:湿式壁で大きな亀裂や剥落などの破損が見られるもの、あるいは乾式の壁が破壊や剥落したもの。

Aランク:ひび割れが無いもの、あるいはわずかなひび割れがあるもの。

close

腐食・蟻害について

  建物の土台、1階の柱などで観察できる場合に判定する。

  腐食・蟻害がある場合は、ドライバーや釘、棒などで損傷部を刺してみて被害状況を把握するが、一見して明らかな場合や、危険を伴う場合は目視のみの判定でよい。

  壁の判定はB判定であるが、柱や土台が腐食・蟻害により大きな断面欠損があり、余震により被害が進行する可能性が高い場合が該当する。

  無被害の建物は腐食・蟻害だけでBまたはC判定とする必要はない。

close
home



©2019CJKK